FC2ブログ

プロフィール

安心堂三丁目

Author:安心堂三丁目
福祉の町、江戸川区平井の地より発信しています

リンク

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

カウンター

RSS

Naze アイシングに氷を使うのか?

円生先生「オホホホホホホ!オホホホホホホ!

もやべ 「円生先生、今日も笑顔が素敵ですね(社交辞令)。」

円生先生「今日はアイシングで、なぜ氷を使うかについて話します。」

もやべ 「(社交辞令もスルーか?!)…はい、はい、氷ですね。はい、はい。」

円生先生「ザックリ言ってしまうと、氷を使うとよく冷える。以上です、ホホホホ。」

もやべ 「(えっ、これで終わり?ザックリすぎない?)
     えーと、持ち帰りようのケーキの箱に入っている保冷剤とかの方が、冷えるイメージがあるんですいけど…」

円生先生「ケーキの箱に入っている保冷剤だとマイナス5度くらいかしら?」

もやべ 「いや、具体的に温度はわからないですけど。」

円生先生「で、アイスクリーム用ならマイナス10度、冷凍食品ならマイナス13~20くらいね。」

もやべ 「マイナス20度とかなら結構冷えそうですね。」

円生先生「ここからが本題よ。1グラムの水が1度上がるには約0.5カロリー必要です。」

もやべ 「……さっきのザックリと比べると、難しい話になりそうですね。」

円生先生「0度の1グラムの氷が0度の水に変わるのに約80カロリー必要です。」

もやべ 「すみませーーーん、訳わかんないです。ヽ( ̄^ ̄)ノ オテアゲ」

円生先生「つまりマイナス20度の保冷剤がマイナス19度になるには0.5カロリーの熱を体から奪って、
     0度の氷が0度の水に変わるのに約80カロリーの熱を体から奪います。」

もやべ 「…そうか!氷のほうが体から奪う熱量が多いということは、よく冷えるってことですね。
     しかもこの差って160倍も違うじゃないですか!!」

円生先生「で、氷のうを作るときは氷と水を入れます。」

もやべ 「???今度は急に氷のうの話ですか???」

アイシング

円生先生「そして氷のうの中の水を捨てます。」

もやべ 「氷のうの中の氷を解けやすくするためですか?。」

円生先生「そう、冷蔵庫で作った氷はマイナス2度か3度くらいですからね、ホホホホ。」

もやべ 「それで唐突に氷のうの話になったわけですね。」

円生先生「最後に氷のうの中の空気を抜いて蓋をします。」

もやべ 「なぜ空気を抜くんですか。」

円生先生「では空気を入れた氷のうで身体につけてみましょう。」

もやべ 「……冷たいですね。」

円生先生「今度は空気を抜いた氷のうをつけてみましょう。」

もやべ 「冷たいです!!!空気を抜いたほうが身体にシッカリ密着しますね!!」

円生先生「人の体は曲線ですからね、ホホホホホ。」

もやべ 「逆に保冷剤だと身体に密着しませんね、カッチンコッチンで。」

円生先生「それとコールドスプレーでのアイシングは応急処置だから、あとでちゃんと氷のうとかでアイシングしないとダメですよ。」

もやべ 「今度はコールドスプレーか。言いたいことはわかるんですけど、唐突に話が飛ぶから
ついていくのが大変だな。」


骨折・捻挫・打撲・挫傷
慢性疾患・スポーツ外傷、障害
訪問鍼灸マッサージ・巻き爪・フットケア
安心堂グループホームページ
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す