FC2ブログ

プロフィール

安心堂三丁目

Author:安心堂三丁目
福祉の町、江戸川区平井の地より発信しています

リンク

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

カウンター

RSS

いまも交通安全

自転車で走りながらこう考えた

車道を走れば煽られる

歩道を行けば追突注意

降りて押せば窮屈だ

兎角に自転車は走りずらい


日曜日にジョギングしながらこんなことを考えてました。

普段の日曜は趣味の自転車でアチコチ行くのですが、改めて道路を見回してみると色々思うところがあります。

道路と道路法は車が優先されていたため、車と歩行者との関係の特別事項として自転車は付け加えられたと記憶しています。

そのため自転車のスタンスが中途半端です。

軽車両なので走るのは基本的に車道だが、車道も自転車が安全に走れるように作られている方が少ない。

しかも平気で逆走してくる人が多いのでヒヤヒヤする。

ちなみにその逆走がなくなれば自転車事故の4割はなくなるそうだ。

歩道を走る時は自転車が車道側を走るが、それを守っている人が少ない。ほぼ無法状態だ。

車道側を走ると言っても歩行者が優先になる。

だから車道側に人が歩いていると徐行または降りて押してかをして後ろをついていくか、追い抜くかになる。

ベルを鳴らすのもひとつの手段だが、歩行者優先のところでベルを鳴らして避けて貰うような傲慢なことはしたくない。

他にも挙げればキリがないが、安全に走るためにはルールを率先して守っていきたい。


安心堂に入社したての頃「安心堂では傘を差しての運転は禁止されてます」と当たり前のことをワザワザ言ってきた先輩がいた。

上記のようなルールが守られていない社会だからこそ、当たり前のことを言わざるを得なかったのであろう。

安全に自転車を乗る。

当たり前のことではあるが、これが安心堂の社風のひとつだと最近では自負している。



骨折・捻挫・打撲・挫傷
慢性疾患・スポーツ外傷、障害
訪問鍼灸マッサージ・巻き爪・フットケア
安心堂グループホームページ
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す